ウエスコジャパン各店のスタッフ達が、それぞれの店頭からリアルタイムな情報を発信しています。

2016年8月14日日曜日

『My WESCO!』 episode 003

Aさん / 会社員

「ウエスコはコレクションしたくなるブーツ。すっかりハマっています。」


既に10足ものウエスコブーツを所有するAさん。今もオリーブレザーを使ったカスタムモデルと今期リミテッドモデルをオーダー中で、WESCOの魅力にすっかりハマってしまったオーナーのお一人です。そのきっかけは何だったのか?お聞きしました。

「もともとアメカジ好きで、RRLやゴローズ、ラッセルモカシン、オールデンといったブランドのものを好んで購入していました。よく見ていた雑誌にはウエスコも出ていたので、当然その存在は知っていたんですが、2010年に出た限定モデルの”ナローエンジニア”が気になりWESCO JAPANへ行ったのがはじまりです。」

結局、その時は限定生産だったナローエンジニアの購入を諦め、代わりにジョブマスターをオーダーすることに。
「オーダーして3ヶ月後に届いたジョブマスターを履いてみると、自分の足にしっくりきたし、ウエスコならではの足元の存在感も凄く気に入りました。何と言っても、自分で考えた仕様のブーツが形になって出来上がるのが嬉しい。最近はオーダーしたウエスコに合わせて、ワーク系の服を着ることも増えました。」


今日履かれているのはローカットモデルのJH CLASSICSですが、実際に履いてみて感じたことを教えてください。

「短靴なので、ジョブマスターなどに比べると足首の自由度が高くて楽ですね。その割に、見た目や履き心地がワークブーツそのものだというところが気に入っています。夏場は特に、ヘビーローテーションで履き込んでいますよ。」

2014年にオーダーして製作したJH CLASSICS

「ウエスコはどのモデルにもそれぞれに良さがあって見た目も違うから、好みを一つに絞ってしまうのは難しいし、もったいない。服装が同じでも、ブーツが変わるだけでガラッと雰囲気が変わるんです。今までとは違う新しい発見やチャレンジが出来るのも、僕がWESCOにハマってしまった理由の一つかも知れませんね。」




※お客様とウエスコブーツとの様々なエピソードを、この『My WESCO!』ページで特集していきます。購入に至るまでの過程や実際に履き始めてからの様子など、ウエスコブーツ1足1足にまつわる歴史や想いを、是非店頭でお聞かせください。

0 件のコメント:

コメントを投稿