ウエスコジャパン各店のスタッフ達が、それぞれの店頭からリアルタイムな情報を発信しています。

2017年4月12日水曜日

My WESCO! "Horsehide Narrow Wesco Engineer Boots"

2014年にホースハイドを用いて製作された、ウエスコジャパン限定のホースハイドナローウエスコエンジニアブーツ。履き手であるお客様をモデルに起用。
"Horsehide Narrow Wesco Engineer Boots"を構成するホースハイドとブラック・タイ・ドメインレザー。それぞれが魅せる独特な経年変化が見応えのある表情へと変わり、履き手のオーナーさんも「ようやく、ここまできました。」と感慨深く仰っていました。
ほぼ毎日のようにウエスコブーツをローテーションで履くというお客様らしい見事な経年変化でした!ホースハイドを使用した部分は革の芯や裏側までは染まっていないため、履き込むごとにホースハイド特有の風合いがお楽しみ頂けます。
これからのさらなる変化を期待しています!

《 Horsehide Narrow Wesco Engineer Boots 》
このモデルのベースとなるのは2010年にLimited Modelとして登場し、瞬く間に完売した"Narrow Wesco Engineer Boots"で、1930〜50年代のエンジニアブーツをもとに木型から製作したスペシャルエディション。ワークブーツとして特に負荷の掛かるヴァンプとストラップ、バックステイにはオイルを多く含み、足に吸い付くようなフィット感が特徴のブラック・タイ・ドメインレザーを採用。その他ブーツの大部分を占めるシャフト、カウンター、ガセット部分にはオリジナルのホースハイドをふんだんに使用し、シャフト内部には耐久性や防水性が高まるブラックレザーライニングも装備しました。
そして、上下のストラップに収まるバックルには、1950年代のエンジニアブーツに多く使用されていた鉄製の逆反りローラーバックル、標準の組み合わせとしたステッチカラーにこちらも1950年代に採用されていたトリプルステッチを取り入れるなど、かつてのエンジニアブーツを彷彿させるテイストが至る所に盛り込まれた、まさにオールド感溢れるモデル。
当時は、糸にさらなる強度を持たせるために3本走らせていたそうです。
さらに、このモデルの為に用意したホースハイドは、タンナーに原皮から鞣し、染色まで細かく指定した特注レザーで、ホースハイド特有のシワや光沢が履き込むごとに随所に表れ、少しずつ表情豊かで深みのある独特な経年変化をもたらします。

WESCO Osaka 戸髙

0 件のコメント:

コメントを投稿