ウエスコジャパン各店のスタッフ達が、それぞれの店頭からリアルタイムな情報を発信しています。

2018年4月22日日曜日

新刊『West Coast Shoe Company: Boots that Stand the Gaff』発売日決定!

 WESCO社創業100周年を記念したアニバーサリーブック『Boots that Stand the Gaff 〜どんな苦境にも耐えうるブーツ〜』がいよいよ5月10日発売です!
 総頁数:264ページ内には、1890年代(120年前!)から現代に至るまでの未公開写真が網羅されており、当時の様子を伺い知ることが出来る大変貴重な資料の数々、年代毎に分けられた多数のビンテージブーツなど、写真点数はなんと1000点超え!大型本ならではの迫力で細部に至るまでのディテールを収録しており、まさにウエスコ社100年の歴史を余すことなく綴った渾身の内容の1冊です。お楽しみに!

 このアニバーサリーブックを編集し、My Freedamn!の著者でも知られる田中凛太朗氏から挨拶文が届いています。

本書のメイン・テーマは、貧しいオランダ移民の家庭に生まれた創業者、ジョン・ヘンリー・シューメイカーが15歳でシューズ職人としての道を歩み、40歳で〈ウエスコ〉を創業、その後4代に渡って続くファミリー・ビジネスを築いたシューメイカー家の大河ドラマです。「映画のような話だなぁ」と惹き込まれたことは、ジョンの父親が「シューメイカー(靴職人)」ではなく「大工」だったことです。何と、ジョンはたまたま通りかかったブーツ会社の求人広告を見て靴ビジネスの世界に飛び込み、その後本物のブーツ職人として独自のスタイルを築き上げました。さらに彼の息子・孫たちは「シューメイカー」という家名にいつしか使命感を背負いながら、祖父の偉業を守り続けてきました。「出来すぎたサクセス・ストーリー」が嘘偽りなく存在していたことが、この本の面白さではないでしょうか。

 計264ページには、1000点以上の歴史的資料がたっぷり詰め込まれています。それは20世紀のアメリカで起きたカルチャー史の一幕でもあります。〈ウエスコ〉ファン、ワークブーツ・マニアのみならず、「Made in U.S.A.」好きの皆様に是非楽しんでいただければ幸いです。』

2018年4月
田中凛太郎

お問い合わせはWESCO JAPAN大阪、恵比寿、世田谷ならびに全国のウエスコ正規代理店まで。WESCO JAPANオンラインショップでもお買い求め頂けます。

WESCO JAPAN

0 件のコメント:

コメントを投稿