ウエスコジャパン各店のスタッフ達が、それぞれの店頭からリアルタイムな情報を発信しています。

2022年6月6日月曜日

〜REPAIR THE WESCO BOOTS〜
"Black Pebble Boss, RW×BR Morrison, Century Boss"

先日、オーナーは同じでまとまったソール交換3足をお預かりしたのでご紹介します。
ブーツの仕様も三種三様で、今回のリペアですべてVIBRAM社の4014ソールへ換装しました。
ビフォーの写真はありませんが、ソールの品番で検索、分かる方は想像を膨らませてみてください。
Raptor Malt→#4014BK

まずは、9インチハイトの"Black Pebble Boss"。
元々はラプターソールのホワイトが装着されていました。
今回のリペアを機にブーツとの一体感が生まれる4014Blackへ換装し、ソール側面のエッジカラーも統一感のあるブラックへ着色しました。
グッと引き締まった印象になりましたね!
さらに、ソールをブーツ本体色と合わせたことでチラッと映るレザーライニングのバックスキンカラーも良いアクセントとして生まれ変わりました!
#700 VIBRAM→#4014NAT
続いて、こちらはラフアウトの2色使いが目を惹く、"Redwood×Brown Morrison"。
ソール交換前の品番だけを見ると少しクラシックな印象を受けますが、今回は雰囲気をガラッと変えて4014Naturalをチョイス。ウエスタントゥにクレープソールが装着できるようになったのもまだまだ最近の話ですが、リペア工房では中々見る機会の少ない組み合わせの一つに挙げられます。好きものには堪らないコンビネーションですね!

#700 VIBRAM→#4014BK (Full Midsole+Half Slip)
最後の一足は、2018年にウエスコ社が100周年を迎えたことを記念し、日本企画で特別に製作した"CENTURY BOSS"。半世紀前(1960年代頃)のヴィンテージの木型を用い、革には原皮から拘って指定した特別なホースハイドを使用しています。
そんな"CENTURY BOSS"のオリジナルソールは700 VIBRAM。
バブルトゥよりもつま先の反りが強く、ワイズ(幅)も既存の木型よりもやや細く仕上げられているのが特徴的なブーツですが、写真のようにオーナーの趣味趣向に合わせてクレープソールの取り付けも可能です!
木型の特性上、ハーフスリップは必須ですがこれまでとは違う新たなスタイルに挑戦ですね!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【お知らせ】 
正規代理店でご購入頂くと弊社発行の金色のギャランティカード(保証書)が付属します。 
リペア時にご提示いただければ1回目のヒール交換が無料、1回目のソール交換が5,000円(税別)でご利用頂けます。 
ギャランティカードは正規購入の証となります。 
再発行は承っておりませんので使用済みの場合でも破棄されないようお願い致します。 

《ブーツの郵送先》 
〒577-0067 
東大阪市高井田西1-1-17 
WESCO JAPAN リペア工房 
06-6783-6888 

《準備するもの》 
ブーツ、ギャランティカード(お持ちの場合)、ご依頼内容と返送先をご記入のうえ弊社までお送りください。 

ブーツが届き次第、リペア担当者よりご連絡させて頂きます。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
WESCO Osaka 戸髙
06-6783-6888
info@wescojapan.com

0 件のコメント:

コメントを投稿